治らないと諦めたらもう終わりです

早漏の悩みを抱えている人は日本でもたくさんいます。

その多くがもう治療をしても改善することができないと思っているケースが多いでしょう。

早漏は体質だから治らない?

早漏は体質なので、包茎のように外科的な治療を受けることもできないし、もう改善することができないのではないかと思っていませんか?

しかし早漏は体質ではありますが実際射精をコントロールすることができるようにはなるのです。射精のコントロールができないことで早漏になりますから、自分の射精したいタイミングでコントロールすることができればスムーズに改善できます。

自力で刺激を与えたり我慢して射精をコントロールしようとしている人もいるのですが実はこれは効果はあまりありません。

自慰のペースが早い人

早漏の原因には自慰のペースも関係していると言われています。自分でする場合に、ゆっくりとすることができればいいのですが、急いでいる人、勝手に早く射精してしまうという人は、体がそのペースに慣れてしまっていますので、性行為をする場合でも、それくらいのスピードで射精してしまうようになるのです。

自慰のペースが普段から早いと感じている人はそれをなんとかコントロールして遅くしようと思っても長年のなれというものは怖いもので、なかなか改善できないのです。

薬を使えば治療可能

しかし薬を使えば治療することは可能です。薬を使って治療をしている人も実際はいるのです。薬を使う場合は塗り薬と飲み薬があります。最初に紹介していたタダポックスは飲み薬ですが、それ以外にペニスの感覚を鈍麻にさせるリドカインという局部麻酔薬もあります。

これも併用することでさらに早漏を改善させることは可能です。体質だからと悩んでいた人は、もう悩む必要はなくなるのです。薬さえ飲めば、塗れば、早漏は十分に改善させることができるからです。自力でのトレーニングでは改善できなかったかもしれません。その結果悩んでしまっている人もいるかもしれません。しかしもうこれからは一人で悩む必要はないのです。

正しく薬を服用することによって改善させることは十分に可能です。ひとりで悩まずに、改善させるためにはどうすればいいのか、そのことをしっかりと考えた上でこれから治療のために服用できる薬を検討していくといいでしょう。